あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

ワクチン職域接種の報道に思うこと(6/29)

はじめに

 私の職場でも有難い事に昨日から、

職域接種が開始されました。私も本日接種を

してきました。特に発熱等の症状はなく、

腕に少し痛みと筋肉痛のような感じはしますが、

問題になるような症状はありません。

 

 

何故、そんな議論になるのか?

 最近、職域接種の申し込みを打ち切ったという、

報道がされています。その理由として、当初想定していた、

数よりも多く申請がきたとのことです。

 

 想定より多くなった理由として、マスコミの言い分は

企業が必要以上にワクチン申請をしており、場合によっては過剰になり、

廃棄するかもしれない状況になり、本当に必要な人への接種が

遅れるとの言い分です。

 

 

 このような報道に対して、私個人的には非常に憤りを感じています。

以前はワクチン接種は危険だと煽ったり、人出が多くなったと言いながら、

旅番組や料理店の紹介をしたりと、自分に都合のいい事ばかりです。

 

今回の憤りを感じたのは職域接種の事務局側で対応をしたのでその思いが強いです。

接種をお待ちの方で未だの方からは、接種できたのに何を言うんだと、

言われてしまえば、何も申し上げることはできません。

 

 

 そういった声がでる事を、どの企業も百も承知にはずです。

我々の会社も最初に社内での最優先事項としては、希望者全員が接種できる

数量の確保、確保したワクチンを無駄にはしないということでした。

 

 

 そもそも国・地方自治体、医師会との連携が拙く、接種が中々進まない中、

企業側も早く接種したいニーズの中、今回の決定に至ったはずです。

あれだけ接種にあたり医者・看護師が足りなく、苦肉の策で大規模接種会場では、

自衛隊の皆さんで対応をいただいています。

 

 それが企業が動いた瞬間に医師・看護師・会場も準備し、1か月以内で接種まで

対応できている中で、そういう事をよく言うなと思ってしまいます。

 

 

 企業側もマスコミがどういう事をしたいかをよくわかってます。

仮に余らせたら、ここぞとばかりその企業を叩きに走ります。

どこかをスケープゴートにして視聴率等を稼ぎたいはずです。

 

一方で広告・コマーシャルで多額の費用を落としてくれる企業を、

叩くことはないでしょうね。そうでない企業だと、連日報道をされ

企業イメージを大きく損なう結果となります。

 

 

 そういうリスクも当然織り込みながら、できる限り、希望者に接種を

してもらうべく、匿名アンケートにて人数を把握 ⇒ 実際に予約

それでも枠があまった場合は、追加で対象者を増やし、人数把握をして、

また追加。。。この作業を2週間かけて丁寧に行いました。

結果として、予備を除くと枠は埋めることができました。

 

 マスコミで盛んに言われてますが、ワクチンハラスメントが

取り上げられています。確かに一部にはそういう事象が実際に

あると思いますが、少なくとも私の周りではそのような事は、

聞こえてきていません。

 

 毎度のことですが、大企業=悪というイメージを、

マスコミはつけたがります。確かにそういう側面もあるかと

思いますが、マスコミには言われたくないのが本音です。

 

 企業に勤めた事がなく、内情もよく知らないコメンテーターが、

知ったような言い方で、ワクチンを余らすとはけしからん!という

論調は聞くに堪えないです。

 

おわりに

 この件、オリンピック、身近では職場でもですが、

何故物事の粗さがしや否定的な事ばかりを言うような、

社会・風潮になったのでしょうね。。。

 

 人を褒めて伸ばすや人の話をよく聞く(傾聴)が大事だと、

最近のマネジメント講習でコンサルが必ず言う事ですが、

全然世の中はそうなってないですね。

 

 余分にワクチンを確保しているというネガティブな事ではなく、

国がモタモタしている間に、企業が動けば一気に接種回数が増えた事を、

まずはポジティブに言うべきだと思います。

 

 これを進めた事で、今はまだ接種できていない人も早期に

接種ができるということもしっかりと、報じるべきことかと。

 ちなみに1日約400人で2日間で約800人の接種予約でしたが、

今のところ皆さん接種をされています。私以外の皆さんも、

同様にワクチンを無駄にしてはいけないという思いを、

持っていただいていると思います。

 

 久しぶりにワイドショーを見ると。。。質が悪いとしかいいようがないです。

見るテレビ番組も殆どないので、先週一気に見てしまった、『全裸監督』を、

シーズン1から見返そうと思います。

1と2の落差が激しすぎて。。。2は見るのが辛かったですが。。。

 

 今の地上波ではまず扱えない内容でかつ、予算もしっかりかけて、

しがらみがなく実力のある俳優の皆さんが出られており迫力が違いますね。