あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

2/11 今日の朝ご飯 (食パン⑤)

はじめに  

 

 毎日、次から次へと色んな事が、

 起こっていますね。

 

 

 誰かが何かを起こすと叩きやすい人

 もしくは叩きたい人に対して、

 寄ってたかって袋だだきにしています。

 

 

 謝罪をしなければしないで文句を言い、

 したらしたで文句を言うという構図が、

 これまで以上に酷い状況です。

 

 

 人をいじめてはいけない、嘘をついては

 いけない、悪い事をしたら謝ると、

 子供達に言っているのですが、

 世間はそうではなくなっているの

 でしょうね。

 

 

 会見を見ているといじめとしか

 見えません。

 何も抵抗できない人を延々と

 いじめています。

 

 

 国民を代表しているかのごとく、

 当事者に対して偉そうで失礼な事を

 言っている

 人達はさぞかし偉い人達なのでしょうね。

 これまで何も悪い事はしていない、

 清廉潔白な人達なのでしょう。

 

 

今日の朝ごはん

 

 久しぶりに地上波を見ながら、

 

 

 今日のメニューですが、

 



f:id:mc-z:20210211212222j:image



 

  • 食パン
  • ゆで卵
  • ヨーグルト

 

 

 今朝は食パンを食べました。

 この食パンは昨日、妻とお茶をしに行った時に、

 購入をしてきた食パンです。

 

 

 先週にオープンした食パン専門店でしたが、

 妻が買いにいった時は売り切れでした。

 昨日は午前中だったので購入できました。

 

 

 妻と娘は食パンが好きです。

 息子は飽きたらしいです。

 

 

 

www.mc-z4965.info

 

 

 

www.mc-z4965.info

 

 

 

 

 こちらがその食パンです。

 


f:id:mc-z:20210211212319j:image

 

 

 有名な方がプロデュースされた店みたいです。

 

 

 食べた感想ですが、

 私の舌は基本的に何を食べても美味しく

 感じるぐらい、繊細な味を感じることが

 できません。

 

 今回の食パンもこれまで食べたパンと、

 同じモチモチの食感と何もつけなくても、

 ほのかな甘みを感じることができました。

 

 

 初めに食べた頃は美味しく感じましたが、

 色々食べていくうちにその感動も、

 薄れてしまいました。。。

 

 

 慣れもありますが、各々にこれといった

 差が感じられないですね。。。

 

 

 

 

 さいごに

 

 

 高級食パンがブームになり、全国各地に様々な

 お店がオープンしていっています。

 

 

 このビジネスモデルを考えた方は、

 素晴らしいと思います。

 

 

 普通のパン屋さんであれば、様々な種類の

 パン作ります。当然、食材も多くなります。

 廃棄ロスも出やすくなります。

 

 

 この食パンだけに絞れば廃棄ロスは格段に減ります。

 また様々な種類を作る必要がないので、

 職人が必要ありません。

 

 それにともない設備投資自体も、

 食パンだけに特化できるので、

 投資額を抑えることができるはずです。

 

 

 個人的にはこのスキームで大事なのは、

 レシピ・出店場所・プロモーションだと

 思います。

 

 

 レシピに関しては、職人でなくても

 誰が作っても同じ味(品質)を、

 保つことができるかが重要です。

 

 

 小麦粉等の分量やこねる回数、

 焼く時間をマニュアル化し、

 かつ機械化をしてるのでしょうね。

 

 

 出店場所はこのパンの量だと、

 子供がいる世帯が多い場所が

 いいのではと思います。

 

 

 かつ値段も普通の食パンより高いので、

 ある程度、所得が高い地域が望ましいの

 ではと考えます。

 

 

 店舗の賃料や競合店を考えると、

 郊外の駅から近い場所がよいの

 ではないでしょうか。

 

 

 

 プロモーションですが、

 まずこのお店の名前は「あせる王様」 です。

 インパクトがあるイラストとネーミングです。

 一度見たり、聞いたりすると耳に残ります。

 

 

 

 あとはこのお店に限らずですが、

 高級食パン屋さんの売りを見ると、

 殆どが食材へのこだわりを書いています。

 国産の小麦100%をセールスポイントに

 してるお店もあるかと思います。

 

 

 国産と聞くと反射的に品質がいいと感じて

 しまう方は多いのではないでしょうか?

 だから価格が高くても納得してしまいませんか?

 

 

 焼肉でも、

 上カルビ・国産カルビ・和牛カルビと並ぶと、

 どれが美味しそうに感じますか?

 

 

 私が一番美味しそうの感じるのは

 和牛カルビですね。

 皆さんも殆どそう思われるかと思います。

 

 

 次はどうでしょうか?

 これは私も迷いますが、やはり国産を

 選んでしまいそうです。上カルビは

 外国産だと考えてしまうからです。

 先程と同じで国産=美味しいと思って

 しまっています。

 

 

 ちなみに国産の定義を調べてみました。

 ざっくりいうと日本国内で育てられた期間が、

 長い牛のことを言うみたいです。

 生後3か月までは海外で育ち、日本に輸入されて

 3年日本で育った牛は国産になるみたいです。

 

 全ての牛が対象なので肉牛ではない、

 白黒の乳牛もこの中に入ります。

 年を取って乳がでなくなった牛が、

 食用になるケースもあるみたいです。

 

 

 何が美味しいかはわからないですね。

 美味しいと名が通っているお店は、

 信頼ができるということでしょう。

 

 

 

 

 話が逸れてしまいましたが、

 今回のお店のパンフレットを見ました。

 

 

 

f:id:mc-z:20210211212405j:image

 

 

 内容を見ると小麦粉は国産ではないですね。

 当然、国産ではありませんとは書かずに、

 独自製法で編み出した・・・と、

 うまい表現をされています。

 

 

 次にバターですが、国産バターに一部フランス産

 発酵バターブレンドと書いています。

 

 

 国産でもいいものを使っていると思いますね。

 次に駄目押しでフランス産でかつ

 発酵バターと言われると私のような人間は、

 無条件でこれはいいものだと思い込んで

 しまいますね。

 

 

 同じヨーロッパでも、

 スペイン産・ドイツ産・フランス産と

 言われるとバターならどこがよいと

 思いますか?何となくフランス産と

 思ってしまいませんか。

 生ハムならスペイン、ビールならドイツと

 無意識のうちに思ってしまっています。

 

 

 そして塩ですが、

 フランス ブルターニュ地方の

 ゲラント塩を使っています。

 

 

 よくわからないですが、

 いい塩なんだろうと思ってしまいます。

 

 

セルマランドゲランド ゲランドの塩(顆粒) 1kg

セルマランドゲランド ゲランドの塩(顆粒) 1kg

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

 調べてみるとグレードがありますが、

 1㎏ 1500円~2000円程度でした。

 伯方の塩は1㎏で約400円です。

 

 

 実際に1斤でどのくらいの量を

 使うかがわかりませんが、

 実際の原価占める割合は高くないのでは

 と思います。

 

 

 この食材を使用していることは、

 間違いないはずです。あとは企業努力で、

 説得力を持たせてそれを売価に如何に

 反映ができるかがポイントだと思います。

 

 

 

 

 ただ競合が多くなってきたので、

 これからが大変になってくるはずです。

 同じ設備で作れる商品、期間限定品を

 販売したりしていくのでしょうね。

 

 

 

 色々書きましたが美味しい事には、

 文句のつけようがありません。

 ただあまり情報やイメージに惑わされず、

 自分の舌で美味しいと思う食べ物を、

 見つけていきたいと思います。

 

 

 

 私が一番美味しいと思うパンは、

 妻と子供達がホームベーカリーで作ってくれる

 クリームパンとハムチーズパンです。