あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

昔のアイドルはいいですね (20世紀最後の正統派アイドル)

 

はじめに

 

 年末年始で家で籠っている時に、

 テレビで懐メロの番組を観ました。

 

 

 その中で昔のアイドル特集がありました。

 松田聖子さん、中森明菜さん、小泉今日子さん、

 光GENJIといった超有名な方々の映像が流れていました。

 私ぐらいの年代以上の方なら、誰もが知っている

 曲ばかりでした。

 

 

 

 当時はこの人はあまり歌がうまくないと感じていた人も

 いましたが、今聴くと生歌でかつ上手とわかります。

 上手い人が上手すぎるので、比較した時にそう感じてた

 だけだとわかりました。

 

 

 

 ちなみに昨年末で活動休止された嵐以上に、

 光GENJIがデビューした時の人気は、

 それを凌ぐ人気だったと思っています。

 みんなでローラースケートをした記憶があります。

 

 

 

 あと昔のアイドルは、今ではあり得ないですが、

 よく駅の中、ホーム、新幹線の中で歌っていましたね。

 駅に停車中に歌っていた事もあった気がします。

 

 

 

 話が逸れてしまいましたが、

 観ていて感じたのは、今のアイドルの方と比較すると、

 申し訳ないですが綺麗でかわいいです。

 本当に選ばれし人という感じがします。

 

 

 デビューしたばかりでも、何か雰囲気が違います。

 今ならどの方でもグループのセンターになれますね。

 逆にグループにしなくても、一人で十分やっていけたと

 いう事なのかもしれません。

 

 

 この方々は1980年代にデビューし活躍された方々です。

 時代はバブル真っただ中で、世の中も今とは、

 ある意味正反対の楽しい時代だったようです。

 

 

 楽しい時代だったようですと言うのは、

 私が1977年生まれのため、活躍されていたのが、

 小学生低学年ぐらいのため、そこまで感情移入を

 してませんでした。

 

 

 

 私が一番最初に好きになったのは中山美穂さんです。

 小学生高学年で多感な時期に差し掛かった頃でした。

 おそらく、私世代の男性の殆どは出演されていた

 ドラマ『毎度、おさわがせします』を観ていたはずです。

 これも今では絶対に制作できない内容です。。。

 

 

 

 この頃はドラマに限らず、次の週が早く来ないかと思う

 作品ばかりでした。今と違いテレビをよく観ていましたね。

 

 

 

 今、私はももクロのファン、通称『モノノフ』です。

 どっぷりはまっています。

 

 

 人と話す時にお決まりの枕言葉で、

 『アイドルにハマった事がなかったんだけどね。』

 と言っていましたが嘘をついていました。

 

 

 昔を思い出していると、ふと一人の方が出てきました。

 当時高校生でバイトしたお金でCDやヤンジャン・ヤンマが等、

 グラビアになった雑誌を購入していました。

 

 

 

20世紀最後の正統派アイドル

 

 昔、アイドルの方にもれなくついていたのが

 キャッチフレーズです。

 

 これは私が好きだった人のキャッチフレーズです。

 誰かわかった方は、私と同じようにこの方の

 ファンだったのではないでしょうか。

 

 

 

 キャッチフレーズでよくネタにされるのが井森美幸さんです、

井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません』です。

 現在52歳になられますが、このフレーズを守られています。

 

 

 

 この20世紀最後の正統派アイドルがキャッチコピーの方は

 高橋由美子さんです。

 

 

 

最上級 GOOD SONGS [30th Anniversary Best Album] (通常盤) [2CD]

最上級 GOOD SONGS [30th Anniversary Best Album] (通常盤) [2CD]

  • アーティスト:高橋由美子
  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: CD
 

 

 

 

 今、観ても本当にかわいいですね。歌も上手です。

 キャッチフレーズ通り、正統派アイドルという感じです。

 愛称は『Good-P』、グッピーです。

 乃木坂や日向坂のメンバーでも十分通用するのでは

 ないでしょうか?

 

 

 

 私より若い世代の方は、二時間サスペンスに出てる人や、

 不倫をした人、お酒をたくさん飲む人というイメージ

 があるかもしれません。

 

 

 運命にifはないのですが、もし世に出てくるのが、

 早かったか、もし遅かったなら。。。

 

 

 

 

 1990年代に入り、バブルも弾けて世の中が暗くなって

 いっていました。歌番組もどんどん終了していき、

 アイドルの活躍の場がなくなっていっていました。

 いわゆるアイドル冬の時代ですね。

 バンドやグループが活躍するようになり、

 一人でのアイドルが出なくなっていきました。

 

 

 90年代前半で他の女性アイドルがいたかを思いだしても、

 正直、思い浮かびませんね。。。

 高橋由美子さんがまだ活躍されていた方だと思います。

 

 

 

 ドラマで代表作なのが『南くんの恋人』です。

 私と同世代の方で観ていた方もいるかと思います。

 せつないストーリーでしたね。

 相手役は今や筋肉ムキムキの武田真治さんです。

 

 その主題歌が『友達でいいから』です。

 久しぶりに聴きましたが本当にいい曲です。

 

 

 他には『お願いダーリン』です。

 相手役はTBSの感謝祭でのミニマラソンでお馴染みの、

 森脇健児さんです。当時は大人気でしたね。

 SMAPと一緒にキックベースをした事を思い出します。

 

 

 

 この作品での主題歌『Good Love』もいい曲です。

 好きな女の子にこういう風に思ってもらえたら、

 いいなと妄想をしていました。恥ずかしい思い出です。

 

 

 


高橋由美子 / Good Love (Music Video)

 

 

 

 

 他にもたくさんいい曲があります。

 

 『yell』

 『Fight』

 『Step by Step』  など

 

 いい曲なのですが、世の中の人に広く聴いて

 もらう機会がなかった時代です。

 

 今のみたいにネットが普及しておらず、

 テレビに出て名前を売る時代でした。

 歌番組が減少し、歌う機会がなかったので、

 埋もれてしまった人・曲も多いはずです。

 

 

 

 結局、高橋由美子さんがアイドルで実働されてたのは、

 5年ぐらいではないでしょうか。

 ドラマ出演数も少なく、曲数が多くありません。

 でも名曲揃いです。今のアイドルがカバーして欲しいです。

 

 

 その後、舞台・ミュージカルをメインで活躍されてました。

 アイドルを続けるのがしんどかったのでしょうね。。。

 

 

 

さいごに

 

 アイドルは本当にすごいと思います。

 役者・バラエティー・歌・ライブで

 人に勇気・元気を与えてくれる存在です。

 

 

 最近、観たいYou Tubeがなく困っていましたが、

 昨日から高橋由美子さんの曲をBGMにして、

 資料作成・資格の勉強をしています。

 

 

 

 


高橋由美子 『最上級 GOOD SONGS』 トレーラー

 

 

 

 テンションは上がるのはいいですが、

 時々昔の思い出が蘇り、集中が途切れてしまうのが、

 デメリットです。

 

 皆さんはアイドルにハマったご経験はありますか?

 

 コロナが終息したらライブに行きたいです。

 ももクロは当然ですが、もし高橋由美子さんがライブを

 するのであれば、当時行けなかったので、行ってみたいです。

  何か夢中になれることがあるのは幸せですね。