あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

2020年 最後の散歩

 

 新年あけましておめでとうございます。2021年が始まりました。

 本年は2020年より1年になればと思います。

 

 


f:id:mc-z:20210101125300j:image

 

 

 



f:id:mc-z:20210101125248j:image

 

 

 昨日、2020年最後の散歩に出掛けました。

 普段より少し遠出をしました。川沿いを歩きました。

 こういう自然の風景を見ると落ち着きます。

 

 

 落ち着くと言えば、前日の30日に久しぶりにレコード大賞を見ました。

 見ようと思ったのは、ある歌を聴きたいと思ったからです。

 

 その歌は『鬼滅の刃』のアニメで使われていた『竈門炭治郎のうた』を

 聴きたかったからです。

 

 これは御存知の方も多いと思いますが、アニメ19話のラストで流れた曲です。

 初めてこの曲を聴いた時に、映像と旋律ともに美しく心を揺さぶられました。

 

 

 今回、歌詞が流れていました。改めて内容を読みながら、曲を聴いていると、

 コロナ下での今の状況に非常にマッチしていると感じました。

 

 

 あとは私も含めて、忘れかけている家族愛や他人への優しさをアニメ・曲を

 通じて思い出させてくれたのだと思います。

 

 最近、散歩をしている時に古い町並みや山・川を見て、心が休まる理由が

 わかったような気がします。

 

 

 人への優しさ・温もりをその景色を見て思い出していたのでしょうね。

 懐かしむだけではなく、2021年は実際の行動に移していきたいと

 思いました。

 

 

竈門炭治郎のうた

竈門炭治郎のうた

  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: MP3 ダウンロード