あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

ももいろクローバーZ モノノフ人生編⑦

あらすじ

 毎日の通勤だけでなく、家に帰ってきてからも曲を聴き、動画を見る日々だった。今までにはない、説明ができない感覚だったが、一方でどこかですぐにこの熱は冷めるだろうと感じていた。

 

 DVD購入

 相変わらず動画やネット記事を漁る毎日が続いていた。一向にこの熱は収まらず、むしろどんどん加熱していく一方だった。1か月程度経つと、動画もほぼ観尽くしていた。動画では物足りず、ライブDVDが欲しいという気持ちが出てきていた。

 

 DVD購入にあたり、最大のネックは妻にどう話すかだった。既に曲を聴いたり動画を見ていることは気付いていたが、特に嫌悪感を示す様子もなく淡々としていた。

 

 この時は異動してきてから1年程度経ち、業務も忙しい状況で常に疲れていた。その様子を妻も気にかけており、ストレス軽減になるのであればと、考えていてくれていたのかもしれない。

 

 ある休日にいつものように出かけている途中、車中で思い切って妻に思いを告げた。

 

私:『ももクロのDVDを買いたいんだけど。。。』

妻:『買いたいなら買っていいよ。ただし、パチスロに行くことを減らすこと。』

私:『ありがとう。わかりました』

 

 あっさりと了解してくれました。後日、何でOKしてくれたのか理由を聞くと、

『どうせ駄目と言っても、しつこく欲しいと言ってきて、結局買うことになるだけだから、あの時にOKしただけ。』とあっさり言われた。さすが妻だと感心した。私の性格をよくわかってくれていると。

 

 購入許可が出たのでどのライブDVDを買おうかを考えた。悩んだ結果、一番新しいライブのDVDを買うことにした。生まれて初めてライブDVDを購入した。

 

 そのDVDは『ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会』

 

 購入後、まさに擦り切れるという言葉通り観て、曲だけでなくコールも覚えていった。観ているうちに次は実際のライブに行きたい思いが強くなっていた。

 

 

                                  続く

 

www.mc-z4965.info

www.mc-z4965.info

 

 

 はまっていく中、同じ経験をされた方もいると思いますが、家族へどう伝えるかは最初にくるハードルかと思います。幸い私の場合は、大きな問題もなく第一関門はクリアすることができました。

 

 最初の買ったDVDですが、題名の通りクリスマスをテーマに開催されるライブです。ももクロには季節毎に大きなライブがありますが、この冬に開催されるライブ、通称『ももクリ』は特別なライブです。

 

 というのはももクロが初めて単独でホールライブをしたのが、ももクリからだからです。2011年は開催場所が前年の日本青年館から、さいたまスーパーアリーナとキャパが約10倍となっていました。、またメンバーの早見あかりさんが脱退し、5人で初のももクリ開催でした。ライブ内容は是非観ていただければと思います。

 

 これまで動画で観ていた(予習)曲ばかりで、本当に何度見ても飽きずに来る日も見続けていました。同じ場所で同じように感動していました。もし他人が同じことしていたら、間違いなくおかしい人だと思うぐらいです。そのぐらいももクロのみんなが人を引き付ける何かを持っているということだと思います。