あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

社会人編⑩ 〜大学卒業・上京〜

大学生活の終わり

 この年の年末はいつになく、世の中がざわざわとしていた。2000年に年代が変わることに対して、自分の子供の頃から言われていた、ノストラダムスの大予言で地球が滅亡説が盛り上がっていた。それ以上に問題となっていたのが、コンピューターの2000年問題だった。2000年になるタイミングでパソコン内部で移行がうまくいかず、誤作動が発生することにより、社会に大きな影響がでるということだった。連日、テレビなどで大騒ぎをしていたが、特に何も起こらず、2000年が無事にスタートをした。

 

www.amazon.co.jp

 

 残っていた単位を無事取得をし、大学を卒業することができた。卒業式はゼミやサークルの仲間と最後の学生生活を過ごした。その仲間のほとんどが就職は決まっていた。ただそれが望んだ職種ではなかった。とりあえず、働かなければならない、お金を稼がなければならないとの義務感のほうが強かった。自分はこういう仕事をしたいという思いは特になかった。中には留年をして就職を目指す人もいた。

 

決別

 4月1日の入社式に出るため、3月末に東京に向かった。物心ついた時から大学卒業まで同じ地域で過ごした。小・中学校は地元の学校だったが、とにかく地元を出たい一心だった。住んでいた地域は俗にいうヤンチャな人達が多い地域だった。学校も荒れており、当時の自分はこういう人にはなりたくないという思いを漠然と持っていた。ただ漠然と思っていただけで、何かを目指して頑張ろうという目標はなかった。

 

 高校は自分で選んだ私学に入学した。選んだ基準は自分の学力で入れる先、家のから通学が近い、大学の付属校という条件で選び、入学をすることができた。

 入学してみて感じたのは、地元の学校で通っていた感覚と同じだった。早くこの3年間が過ぎてほしいと考えていた。特に何の思い出もなく過ぎた3年間だった。

 

 これで本当にこれまでと違う環境を過ごすことができるという点では、大きな期待があった。仕事に関してはまだ何も思いがなかった。そんな思いを持ちながら、私を乗せた新幹線は東京に向かっていた。

                                    続く

 

 

www.mc-z4965.info

www.mc-z4965.info

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 20年ほど前の自分と今の自分の考え方を比較してみると、正直あまり変わってないです。。。人への対処の仕方、見せ方は変わりましたが、根本では変わってないと思います。社会人になると、様々な経験をすることになります。私自身のこれまでは99%嫌なこと、1%の喜びのために仕事を頑張ってきたように思います。心から自分の仕事が楽しくてやりがいがあると感じたことは、あまりなかったかもしれません。

 

 それでも生活のために仕事をしてきました。大学の時に勉強しておけばとか、資格を取得しておけばと考えますが、明確な目標がない中で時間を費やしても意味はないと思います。私も何度も参考書を買いましたが、途中で挫折しました。。。

 最近は数字に強くなりたいと考えてます。営業職だけでは本当に潰しがきかないです。今は時間ができたので、今後に役立つ知識をつけていきたいと思います。何か役立つ知識・資格があればご教示ください。

 

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/kindle/associates/kindlestore-assoc-d-JP-300x250.jpg

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/2018/grocery/assoc/1103887_grocery_assco_468x60.jpg