あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

東京高検検事長 辞任について思うこと

はじめに

 少しづつですが、いつもの日常が戻ってきつつあります。私の息子は中学生になりましたが、ようやく、入学式の日程が決まりました。

 小学校の卒業式も私が単身赴任の為、出席ができませんでした。今度の入学式も諦めざるを得ません。夏に帰れるようなっていれば、思いっきりお祝いと、これからの新しい生活にエールを送りたいです。

 

タイミング 

 コロナが終息に向かう中、それを待っていたかのタイミングで、検察庁がらみの話がでてきました。

 

 法律改正反対でツイッターで著名人や芸能人が反応をし、数百万のリツイートがあったと、新聞・ワイドショーが騒ぎ立てていました。

 

 そして、次に騒動になっているのは、東京高検検事長と新聞社の記者が、賭け麻雀をしていたと報道がでました。更に自粛期間中ということで、更に問題が大きくなっています。

 

白か黒か

 この報道を聞いて皆さんはどう思われましたか? 

 

 私の個人的な感想としては、

運が悪い。タイミングが悪かったな。

 と正直おもいました。

 

 賭け麻雀は法律で、禁じられているのは当然のことです。金額の大小の問題ではありません。もし、これを厳重に取り締まるのであれば、私も捕まっています。

 

 学生時代、サラリーマンになっても、雀荘で友人、職場の仲間と卓を囲んでいました。よく徹マンをしたものです。負けた日の朝日が異常に眩しかった記憶があります。

 

 話が逸れてしまいましたが、私より上の世代の皆さんは殆どアウトではないでしょうか。麻雀以外でもゴルフでも金銭のやりとりがあるのは事実です。それがあることにより、更に面白くなるのも事実です。

 

 昔は白か黒ではなく、グレーな部分があり、それがあることによって、うまくいっていたことにも多くありました。グレーにも濃淡がありますが。。。

 

 もし、これを本当に取り締まるなら、パチンコの問題や、法律上で禁止されてるあらゆること、例えば歩行者が信号無視をしたのも、全て取り締まるのかということです。

 

 いつの頃からか、どちらか一方に偏るようになってしまいました。全てクリーンでなければならないと。何か心に余裕、遊びがなくなってしまった感じがしています。

 

本質

 今回の一連の流れを見ると、誰かが意図的に、このタイミングで仕掛けたのは明白です。

 

 ツイッターの件も、新聞やテレビでは語られていないですが、計画的に行った可能性が高いと言われています。この情報も真偽はわかりません。ただ一方の報道だけを聞いて、判断をするのは危険です。

 

 今回の賭けマージャンですが、マスコミの皆さんは、人の不祥事には、散々批判をする割には、身内には非常に甘い対応をするなと思います。

 

 懲戒免職で退職金も払うな、というのであれば、過去に同様のことをした、自分の社員も特定をして、処分するぐらいの事をすれば、私達の見方も変わるのですが。

 

 あと政権と近いと騒いでましたが、一番近かったのは、新聞社だったのは皮肉ですね。

 今回、対象になってる記者の方は、タイミングと運が悪いです。

 

 この手の話は会社でよくあります。

前の人から引き継いだだけなのに。。。

前任者達は戦々恐々としているでしょうね。

 

 検察とマスコミが近い方が、怖いと思うのは私だけでしょうか?

 

 これまでも同様にマスコミが世論を煽って雰囲気を醸成し、検察が動いていた事件も多かったんだろうと思います。

 

まとめ

 ネットが普及し、フェイクニュースも多くあるのは事実です。ただそれ以上に今のテレビ、特にワイドショーは酷いですね。

 

 様々な情報がある中、自分で整理、分析して正しい理解・把握することが重要になってきています。何も考えないほうが、逆に楽かもしれませんね。

 

■今日の一曲

タイミングという言葉を書いていると、この曲が浮かんできました。私と同じアラフォーの方はわかるはずです。いい時代でした。

ビビアンは可愛かったですね。

 

Timing 時機