あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

散歩しながら考え事


f:id:mc-z:20200509154732j:image

 

 今日は運動不足解消の為、いつもより長く散歩をしました。天気は曇りでしたが、気温は丁度よく、散歩にはいい気候でした。

 

街の人達

 住宅地は人通りも少なく、大半の方はマスクをされていました。時々、マスクをされてない方を見かけると、「何でマスクしないんだろう。」とつい思ってしまう自分がいました。人は人、自分は自分と言い聞かせていました。よく、テレビのワイドショーで、若い人が外出自粛ができてないと、言われてましたが、私の住んでいる周辺を見ましたが、殆ど見かける事は無かったです。

 特定の街は確かに若い人が多いかもしれません。ですが、普通の街は高齢者の方が多かったです。

 

Uber Eats

 あとは街中の至るところで、Uber Eatsの配達員の方を見ました。お店に商品を受け取りに行くところ、一緒に信号待ちをしていたり、車道を全力で駆け抜ける場面を何度も見ました。

 配達員の方々を見ていると、色々な人がいました。皆さん共通しているのは、Uber Eatsのロゴがついた商品を運ぶ、大きな箱を背負っていました。違いとして感じたのは、ある人は自転車も服装も競技用で、いかにもベテランで慣れていそうな雰囲気がしました。 またある人は服装は普通の格好で、自転車はレンタルで、いかにも最近始めた感がする方もいました。年齢層も幅広く、始めようと思えば、誰でもできるんだろうと思いました。

 

 こういうビジネスモデルを最初に考え、構築した人は、ただただ凄いとしか言いようがないです。この仕組みのポイントと考えるのはいかにも使えるお店と、配達員の確保ではないかと思います。今回のコロナで、両方が一気に拡充されたのではと思います。

 

 一方で配達員の方々は、今後、大変になるはずです。

誰にでもできる=競争相手が多い

 参入障壁が低いので、新たに配達員になる方が増えていくと、配達員一人あたりの注文量が減っていくと思います。差別化を図り、より注文を多く対応するために、スピードをあげて運ぶ方が出てきそうです。

 今後は配達員の安全面とサービスの質が維持、向上できるかが課題かもしれません。

 ちなみに私はまだ使った事がありません。便利だと思うのですが、配達費が勿体ないと感じてしまうので、自分で買いに行ってしまいます。

 

飲食店

 そんなことを見たり、考えたりしながら歩いていると、商店街が見えてきました。地元出はない商店街なので新鮮でした。

 人通りも少なく、寂しい感じでした。飲食店もお客さんは、殆ど入っていませんでした。

 お店にお客さんが来ないので、店頭でお弁当を販売を大半のお店がしてました。

 唐揚げ、チキン南蛮といった鶏肉を使ったメニューやハンバーグが多かったです。

 価格帯は500〜750円ぐらいでした。原価はだいたい150〜200円でしょうか。

お店の前で店員さんが販売してましたが、あまり売れ行きは、芳しくなさそうでした。下手をすると、一つも売れてないのではと、思うぐらいでした。

 お店にお客さんが来ない中で、何とか売上を確保する為に、止む終えない状況かと思います。

 

 一方で客目線で見た時に、メニューも価格帯も同レベルでこれを買おうという気持ちにはなりません。お客さん目線ではなく、お店側の事情に合わせたメニュー、価格設定になってると思いました。これではチェーン店やスーパーの惣菜と比べた時に、選ばれないと思いました。

 メニューや価格の見直し、宅配サービスの利用を検討しないと、いくらテイクアウトをしても収益向上には繋がらないと感じました。

 

マスク

 毎日、在宅勤務終了後に、散歩をかねて近くの、ドラッグストアに行くのが、日課となってます。この1ヶ月で3回ぐらいマスクを売ってました。値段は3枚で300円ぐらいでした。流石に1枚100円は高いので、私は買いませんでしたが、直ぐに売り切れてました。

 

 今日、商店街を歩いていると、ケースで売られていました。それもドラッグストアでなく、靴屋・雑貨屋・飲食店などで販売してました。価格は50枚 2500円ぐらいでした。

 

 この状況下では、人に対して優しい気持ちになろうと、常に思うように心掛けています。ですが、今日のマスクの販売をみた時にに、私の元々の悪い心がでてしまいました。

 

このお店では商品を買いたくない。

 

 お店の前を通る人達も、マスクを見つけているものの、買わずに素通りされてました。私と同じ気持ちの人も、いたかもしれないですね。

 

まとめ

 テレビやネットで情報が溢れかえっています。本当にそれが正しいかを自分で、見て考える事は重要です。健康維持も兼ねてたまには長めに歩くことも大事ですね。