あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

転職活動②

はじめに

 急に暑くなりましたが、皆さん体調はいかがでしょうか?休みに入り、

毎日同じ事の繰り返しです。例年であれば、どこに行っても人だらけで、

何をするにしても、待たなければならず、かえって疲れが溜まるGWを

過ごしていました。

 やっぱり、家が一番と思ってましたが、さすがにここまで家にいると、

逆に疲れます。ほんとわがままだなと我ながら思う日々です。

 

自分の武器とは?

 こういう状況で先行きに不安を、感じられている方々も多いかと思います。

私もその中の一人です。この2か月間でこれまでの価値観が大きく変化する

ことが起きています。このままでよいかを考えた時に、先日のブログで書かせて

いただきましたが、転職について真剣に考える機会と考えました。

 

 

 私は入社以来20年余りを営業職で過ごしてきました。

はっきり言って、営業職は潰しがききにくいと思います。

 

 少なくとも、現在働いている業種では、それなりの需要はあるかもしれません。

でも、同業他社に転職しても現状以上は望めないです。更なるステップアップを

目指すのであれば、単に営業職の経験だけでは難しいと感じてます。

 

  今の自分が市場に求められる人材なのかがわかりません。もしかしたら、

ニーズがあるかもしれません。自分が当たり前と考えている事が、世の中では

違っているかもしれません。

 

自分のこれまでの経歴を整理してみると、

  • 入社以来20年余り同じ会社に勤務
  • 転勤は5回
  • 法人営業(顧客は製造業)を担当
  • 現職はマネージャー(部下は6名)
 
 これといって目立った経歴はありませんね。。。資格も特に持ってません。
それでも今までは何とかなってました。
 
何度もこれではまずいと思い、資格取得を考えた時期もありました。
ただ具体的な目的があった訳でなく、思い付きで始めていたので、長続きは
しませんでした。
 

まとめ

 自分の立ち位置がわからない中で、あれこれ考えていても先に進まないので、

実際に転職サイトに登録してみようと思います。

 活動を進める中で、自分の足りていない部分や自分が気付いていなかった強みを

把握し、次のステップに進むきっかけになればと思います。

 

 

転職の鬼100則 (ASUKA BUSINESS)

転職の鬼100則 (ASUKA BUSINESS)

  • 作者:早川 勝
  • 発売日: 2020/02/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

才能スイッチ

才能スイッチ