あるサラリーマンの日常

中年サラリーマンの日常、これまでの経験したことを書いてます。

風が吹けば桶屋が儲かる

はじめに

 今日から6月が始まりました。私の職場は5月末までは在宅勤務でしたが、6月からは各部署で25%上限で出社が認められました。

 ようやくですが、少しづつ日常が戻りつつあります。第2波がくるリスクはありますが、感染防止に努めていきます。

 

右肩上がり

 今日も日経平均株価は+184.5円となり、22000円を越えてきました。まだ、コロナも完全に収束してない中で、上昇を続けています。

 

 このコロナでかなり大やけどを負いました。損切りが遅く、損切りすると上昇するという典型的な下手なトレードをしてしまいました。株価は右肩上がり、私の確定・含み損も右肩上がりでした。少し戻りつつありますが、損失をカバーするには全く至ってません。

 

 様々な投資手法がありますが、私と逆に張れば、勝率は高くなるかと思います。

 

 改めて、私の運用状況については、ご紹介させていただきます。

 

連想ゲーム

 このコロナによる自粛の中でも、業績が伸びた会社、成長をした会社があります。

 

その業界、業種としては、

  • マスク
  • ドラッグストア
  • テレワーク
  • ワクチン、薬

 

 コロナのニュースが報道された時に、風が吹けば桶屋がもうかると同じように、連想をしていって、これから伸びる会社を見極めた方がいたはずです。

 

 医療関係まではある程度、投資経験がある人は辿りつけていたかもしれません。

 ただ、少なくとも私のような、下手くそトレーダーはテレワークという分野が、伸びるとは全く思いもよりませんでした。

 

 コロナ以前は大企業で、配当利回りがよい企業の株を中心に保有していましたが、今回で軒並み減配、無配になる企業も多数でてきています。

 

 そういう状況なので、私もアフターコロナでどのような会社が成長してくるかを、自分なりに、連想して投資を考えてみようかと思います。

 

誰でもわかる仮定の例ですが、

  • 今年の冬も完全に収束しておらず家にいる時間が長くなる。
  • 家族団らんの機会が増える。
  • こたつを囲みたくなる
  • そこで鍋を食べたくなる

 

ホームセンターや食品関係が狙い目??

 

 暖冬になったら、全て外れてしまいますし、家族と一緒にいると、逆に仲が悪くなる可能性もありますね。。。

 

まとめ

 日々の自分の周りに起きている事、見えている事に、ヒントは隠されているかもしれませんね。

 一生懸命見てるのですが、中々いい連想が浮かんできませんね。。。

 

 今日もお疲れ様でした。

 明日も頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働き方改革≠働く事改革

はじめに

 仕事をしている時は、1日過ぎるのが遅く感じがちです。逆に休日はあっという間に過ぎていきますね。

 

 そう思っていると、明日からはもう6月です。歳を重ねる事に月日が経つのが、早く感じると言いますが、正にその通りです。

 

 一説には若い時は、日々新しい事や出会いや、環境が変化といった刺激があるので、時間が長く感じるそうです。確かに今の私には刺激を感じることは少なくなってます。

 

働き方とは

 今年の初めに、今のような状況がこのようになると予測した人はいたでしょうか?

 

 よく超能力で未来が予言できると言う方が、いらっしゃいますが、まさに今回の出来事を予言して、事前に防いてくれたら、本当に有難いと思うのですが。。。

 

 話しが逸れてしまいましたが、このコロナの期間で、皆さんも色々考える機会があったかと思います。私も皆さんと同様に考える機会が多くありました。

 

その中で私は働き方改革について、考えていました。

 

 この働き方改革ですが、大きく分けて3つの柱があります。

 

  1. 働き方改革の総合的かつ継続的な推進
  2. 長時間労働の是正と多様で柔軟な働き方の実現
  3. 雇用形態にかかわらない公正な待遇確保

 

 難しい表現ですが、私の解釈で要点を整理してみると、

 

  • 少子高齢化が進んでいく中で、労働力の不足が予測される中、人手不足を解消に向けた改革が必要。

 

  • フレックス制や有給休暇を積極的に活用、取得を行い、時間外労働を削減する。それにより、心身共に健康な日々を過ごすことができる。

 

  • 正規雇用者の待遇改善のため、同じ労働内容であれば、正社員、派遣社員で給与、待遇を同水準にしていく。

 

 この内容に関して、様々な意見、議論が各企業・職場で起こったはずです。どのような議論が皆さんの勤務先でされましたか?

 

◎管理職の方

 上司から部下の時間外労働時間を規定を超えないように、マネジメントするようにと、言われたりしていませんか?

 

 ◎担当者の方

 上司の方から、時間外労働を定められた時間に収めるように、指示がきてませんか?

 

 時間を削減する事が目的となっており、本来考えるべきことから、外れているような気がしていました。

 

 私はよく言えば効率重視、悪く言えばサボりたいと考えています。

 例えば客先訪問の時、自宅から近い場合は朝一もしくは夕方にアポを入れます。

 なぜなら、朝なら直接自宅から訪問、夕方なら直接家に帰れば効率が良いからです。

 

 でも、人によってはなぜ朝出社しない、なぜ帰社せずに直接帰る=サボっていると考える風潮が、私の勤め先ではまだこの考えが根強いと思います。

 

 会社にいる時間=仕事をしている

 この価値観が変わらない中で、働き方改革という、箱を作っただけでは何も変わりません。

 大企業はシステム、RPA化を進めていきますが、今の業務時間を減らすことを目的にして、その業務自体が必要かどうかの、本質を見極めまでは、至らないかもしれません。

 結局、その業務はこれまでは非正規の方々にお願いしていたのが、なくなってしまうリスクがあります。

 

働くこと

 今回のコロナで、見えなかった問題・課題が見えるきっかけとなりました。本当に必要な業務、やらなくても、よかった業務がはっきりしました。また、自分自身の存在価値についても、見直すきっかけになりました。

 

 何の為に、何をしたいかを考えた時に、必要になってくるのは時間です。時間は皆さんに平等に与えられています。

 

 日々の仕事をする中で、時間を捻出する為には、自分で作るしかありません。

 そのために、やるべきこと、やめることを考えなければなりません。現状の業務かもしれないですし、会社を辞めて、他のことをするかを考えることかもしれません。

 

まとめ

自分の真の働き方改革ができる機会だと捉えています。ただ考えるだけでなく、一歩を踏み出し、小さなことでもよいので、結果を積み上げていこうと思います。

 

 明日から6月です。ジメジメした梅雨の季節になっていきますが、体調管理をしっかりして過ごしていきましょう。

 

働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社 (毎日新聞出版)

「働き方改革」の嘘 誰が得をして、誰が苦しむのか (集英社新書)

アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」 自社のカルチャーを変革し続けるリーダーシップ×フレームワーク

 

黒い週末

はじめに

 皆さん、如何お過ごしでしょうか?私は休日です。朝から外の天気もよく、絶好の散歩日和でした。緊急事態宣言も解けて、街の雰囲気の変化を感じる機会でした。

 

葛藤

 朝起きた時は、散歩に行こうと考えていたのですが、結局は布団の中で、動画等を見て寝るを繰り返した結果、夕方になっていました。勿体無い1日を消費してしまいました。

 

 今週頭から続いているトラブルが、解決しないままです。サラリーマン人生で、同じような事が何度もありました。

 

 その度にもう駄目だ。会社を辞めようと何度考えたかわかりません。その度に今と同じような思いをして、何とか今までやってきました。

 

 人の脳は上手くできているなと思います。あれだけ辛かったことが、物事が解決すると、忘れてしまいます。

 

 何ならこの事があったから、自分は成長できたと思うことがあります。

 

 そして、違う問題が発生しても、しんどかった問題と比較することで、程度が軽いと思うことで、心のバランスをとっています。

 

 この先、こういう思いをどれだけするんだろう?本当にこれでいいのか??

 

 ポジションが上がれば、違う景色が見えると思っていました。違う景色は見えましたが、思っていた景色ではないですね。。。

 逆に見なくてもよかった事が、たくさん見えてきます。

 

 転職経験や起業をされた方々の、決断・勇気は尊敬します。こんな事を書くだけで、結局は組織に守られてるのは事実です。

 

 こうやって、少なくともあと20年ぐらいは同じことの繰り返しなんですかね。。。

 

 転職活動をしようと思ってたのですが、サイトへの登録をまだできてないです。

 

 皆さんはどのようにして、問題解決をされてこられましたか?いい方法をご教示いただければ幸いです。

 

 ではまた明日以降もよろしくお願いします。

 

■今日の一曲

 こんな後ろ向きな考えの週末です。タイトルは「黒い週末」ですが、曲は前向きになれる格好のいい曲です。早く私にも光る週末がまた来て欲しいです。

 

ももいろクローバーZ「黒い週末」です。

 

黒い週末

黒い週末

社会人編⑥ 〜手応え〜

 周りのみんなと同じように、今から志望業界の絞りこんで、各企業の分析をするつもりもなく今さら遅い。

 

 この後に及んで、悪あがきをしても仕方がない。もう、取り繕うのは辞めて、自然体で面接に望もうと心に決めた。

 

 すると、今まではグループ面談で落ちる事がほとんどだったのが、嘘のように面接を通過するようになった。但し、最終選考の通過は出来ず、内定が取れないまま、時間は過ぎていった。

 

 ことごとく最終選考で落ちて、もう後がない状況だった。以前、家に葉書でセミナー案内が来ていた。名前も何をしている会社かも知らない会社だったが、とりあえず参加をするために会場に向かった。

 

 会場に着くと、その会社の会議室に案内された。説明会は30人程度の参加者だった。日時で分けて、何度も開催しているようだった。

 これまで参加した説明会と同様に、会社説明が始まった。仕事内容が今まで受けてきた業種と違い、あまりピンとこなかった。どうやら、素材販売がメインだか、自社で製造はなく、その間で何かをするみたいだった。

 

 説明会が終わった後、グループ面談が始まった。5人程度のグループに、社員が1人入り、いつものように面談が開始した。

 

 自己紹介・PRが始まった。同じグループの人達はこの会社の業界をよく調べており、知識も豊富だった?

 

 説明会とみんなの話を聞いていると、この会社はある素材を扱う商社、いわゆる専門商社といわれる業種だった。

 

 なんとなく、商社の人は遊ぶのが好きという、ありきたりなイメージを持っていた。社員の人も、今までと違いフランクな感じがした。

 

 自分の番になった。最初の頃のように、周りにあわせるのではなく、みんなと違うことを話そうと決めた。

簡単に自己紹介をした後、会社、業界のことを話さずに、私は質問をした。

 

「やっぱり、皆さんは夜もコンパとかで忙しいんですか?」

 

 一緒にいた参加者はどう思っていたかは、わからないが、少なくとも社員の人は、その質問に食いついてくれた。とりあえず、この面談は大丈夫だろうと思った。

 

 翌日、2次面接の連絡がきた。

 

                続く

 

-------------------------------------------------------------------------

 前回のブログ「社会人編⑤」で書きましたが、気持ちを入れ替える為に、髪を茶色に染めて説明会・面接に望んでました。

 

 当時は何も考えてなかったですが、今になって思うと、何も中身がないのを隠す為に、容姿・言動でいいように言えば、差別化を図る戦略をとっていたんでしょうね。

 

 でもこの戦略の欠点は、最終に近づくにつれて、ボロがでてしまうと言う事です。

 

 就職活動をされている方は、一つの戦略として試していただくのも、良いかもしれません。業界知識もしっかり身につける事も忘れずに。。。

 

■今日の一曲

 このときは、この先の未来がこうなるとは夢にも思ってない時です。過去を振りかえっても、何も意味がありません。

 

ももいろクローバー未来へススメ!

を聞いて前を向いて進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

内なる敵

はじめに

 今日もあっという間に、1日が終わりました。在宅勤務でやる事がないと、言っていたのが嘘のようです。

 

 今週はじめに発生した問題対応に、以前追われてます。コロナの緊急事態宣言は解除されましたが、私はまだ解除の目処がたちませんね。。。

 

内なる敵

 顧客対応は重要でかつ、大変な労力を費やします。再発防止にむけて、原因・対策を考えなければなりません。

 

 それよりも労力を使うのは、社内対応です。皆さんも同じような経験を、された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 当時者ではない様々な部署から、色んな問い合わせがきます。よくかけていただく声として、

 

  • 大変な状況の中、申し訳ないけど
  • 何かあったら、言ってきて
  • 提出前に資料送っておいて

 

 大変な状況って、思っているから仕事を頼んで来ないでと思います。その方も誰かから資料を要求されているんでしょうけど。。。

 同じような資料作成していることが、多々あります。

 

 何かあったら言っては、言われるまでは何もしない。私は何もやらないのサインですね。言葉に騙されがちですね。

 

 資料見せてはうまくアリバイ作りです。似たようなことで、会議するから関係者に会議招集しておいてです。

 

 様々なな評論をしてきます。口は動きますが、手は動きません。あるべき論、理想論をひたすら教えてくれます。

 報告が上手くいけば、自分の評論のおかげとアピールします。

 

 そんな毎日が当分続きます。それをしていても、給料を頂けるのは有難いと思って、1日1日を過ごしていきます。

 

 まだ、こうして書けているので大丈夫ですね。そろそろ必殺技の開き直りを出した方がいいかもですね。

 

 毎日、しょうもない事を書いていてすいません。お付き合い頂き有難うございます。

 

 今日も一日お疲れ様でした。

 

■今日の一曲

久しぶりに聞きたくなりました。

スガシカオ『黄金の月』です。

最初の歌い出し

「僕の情熱はいまや、流したはずの涙より冷たくなってしまった」

確かに情熱が冷めてきてますね。。。

 

黄金の月

黄金の月

  • スガ シカオ
  • J-Pop
  • ¥255

 

 

仕事︰大雨警報発令中

はじめに

 今日も日経平均株価は500円以上値上がりして、21000円台を回復しました。3月中旬は16000円台まで下落をしました。

 何処まで下がるかがわからないまま、私も底で損切りをして、かなり損失がでました。

 素人が大やけどをする典型的な例です。含み損も一時期に比べると減ってきたので、ようやく薄明かりが見えてきました。

 

土砂降り

 何かが上手く行き出すと、違う何かが上手くいかなくなる。

 

 昨日のブログで書きましたが、仕事は土砂降りで、大雨洪水警報が以前発令中です。

 本当に私の人生は、上手くバランスが取れているとつくづく思います。

 

 今日一日、朝から夜までひたすら、情報収集、資料作成、報告を延々と繰り返していました。

 

内容は

  • 問題発生に至るまでの時系列整理
  • 発生、流出要因分析
  • 今後の対策

 

 聞いたことがある方も、いらっしゃるかもしれませんが、なぜなぜ分析と言われるで、真の原因を追求する為に使われる手法です。

 

 某大手カーメーカーが作った手法です。

事象に対して、何故を繰り返してでなくなるまで行います。

 

 今日は暫定対策を考えて、一旦は終わりました。明日から根本対策を考えます。

 

 原因・対策をしっかり考え、顧客に安心していただく事が一番重要ですが、社内を通す事が実は一番大変です。

 

 資料作成をして、直属の上司に報告します。内容の修正・追記・表現を変えて、上司の了解を取ります。

 

 そこから、上司のその上の上司に、私から報告をします。また、資料に対して指摘がはいり。。。当然、直属の上司はだんまり。

 

 ドラマみたいに、

「私が指示したことです。全ては私の責任です!!部下は悪くないです!!」

 

 なんて場面は、これまでの会社人生で経験はありませんね。

 

 私の文章力と表現力がないので、何度も修正を繰り返しました。午前中に発生要因や暫定対策は、明確になっていたのですが、資料が完成した頃は、外が暗くなってました。

 

 これまでであれば、こういうことが起こると、ネガティブな気持ちになってました。

 

 逆に今はこの社内業務だけを一日しているだけで、給料を頂けるだけ幸せだと、思うようにしています。

 

 流石に100%本気では、まだ思うことはできないですが、少しは心に余裕がでます。

 

 目の前にある現実は変わりませんが、気持ちの持ち方で、先の結果は変えれる気がします。前向きな気持ちを持つ方が、早く事態が好転すると思います。

 

 当たり前のことですが難しいことです。

私はとことん考えた結果、もうどうでもいいと開き直ります。その状態になれば無敵です。

 

 皆さんも日々たくさんの問題を、抱えていると思います。少し考え方を変えてみるのも、よいかもしれませんね。

 

 今日もお疲れ様でした。明日も頑張りましょう。

 

■今日の一曲

 明日は何が起こるかわかりません。いい事なのか悪い事なのか。誰も知ることのない明日へ。

ミスターチルドレン

Tomorrow never knows」です。

 

Tomorrow never knows

Tomorrow never knows

 

 

 

 

止まない雨はない

 
f:id:mc-z:20200525213645j:image

 

はじめに

 今週も一週間が始まりました。在宅勤務に慣れて、会社に今まで通り、通えるかが少し憂鬱になってきていました。あと、社内会議や取引先からの問い合わせや交渉もなく、気持ちが緩んできていると、何となく気がついていました。

 

ジンクス

 皆さんにもこれまでの人生や社会人になられて、ジンクスはありませんか?

 

 私のジンクスですが、

  • プライベートが充実していると、仕事で大きなトラブルが発生する。

 

  • ギャンブルで負けると、仕事がうまくいく。

 

 この2つが私のこれまでのジンクスです。

 

 ギャンブルはパチスロをずっとしてましたが、5年程前に辞めました。このコロナで問題になりましたが、昔の私なら仕事がうまくいってないと、行っていたかもしれません。

 

 パチスロはして無いのですが、株で酷い目にあいました。最近、戻ってきているので、仕事でトラブルが、発生したのかもしれません。

 

 プライベートはコロナも終息に向かい、新しい仕事の仕方にも慣れて、いい言い方をするば、心に少し余裕がでてきていました。

 悪く言うと緩んでいたかもしれません。

 

 案の定、久しぶりに大きなトラブルが発生しました。一報が入った瞬間に思いました。

 

 やっぱり、起こったか。いつも通りだな。

 

 特段驚きもありませんでした。ただこれから大変だなと思いました。

 直接、自分自身が起こした訳ではないですが、管理者としての責任があります。

 

止まない雨はない

 最近、よくこの言葉を噛み締めながら、日々を過ごしています。自分自身がおかした過ちもあれば、他人によって、引き起こされたこと、また今回のコロナのような、誰のせいにもできない出来事があります。

 

 その渦中にいる時は、いつ終わるのかを不安に感じながら、日々を過ごしていました。

 これまでも、何度も同じことがありましたが、何とか今までやってこれました。

 

 色んな人に助けていただき、自分自身も必死に対応したり、時には少し逃げてみたりと、うまくやり抜く術と、考え方を身につけてきたと思います。

 

 明日から大変ですが、私以上に大変な方々もいらっしゃる中、止まない雨はないと信じて、問題を解決していこうと思います。

 

 人生は本当にうまくいかないですね。

でもこのアップダウンがあるから、楽しさも倍増するのかもしれません。

 

 明日から久しぶりにギアを変えて、仕事に取り組んで參ります!いきなりで故障はしないようにします。

 

皆さんお疲れ様でした。明日も無理せずに頑張りましょう。

 

■今日の一曲 

「最後の雨」

 雨といえば、この曲ですね。といっても、よくスナックなどの飲み屋で、私より上の世代の方がよく歌っていたのを聞いていました。若い方はカバーのほうを、聞いたことがあるかもしれませんね。

 

 

 

最後の雨

最後の雨

最後の雨

最後の雨